デッドマウント・デスプレイ【アニメ】作品情報・2期・アニメの続きは漫画の何巻?評価レビュー

異世界アニメ

 

 

デッドマウント・デスプレイPV・あらすじ

 

 

あらすじ
はるか遠い異世界の魂が、現代の新宿に「四乃山ポルカ」として転生した。ただ、その転生した体には、喉に致命傷が…。しかも、その傷をつけた殺し屋・崎宮ミサキに、暗殺に失敗したと勘違いされ再び襲われることに。なんとか撃退し、自身にかけられた暗殺指令を解くことに成功したポルカは、新宿を根城にした裏社会の「仲介屋」・倉木リサの助力を受け、ミサキや情報屋の繰屋匠を仲間とし、夢だった「平穏な暮らし」を目指す。しかしこのポルカの「転生」は、様々な人々に波及する。待ち受ける、裏社会の「何でも屋」・レミングス、謎の放火犯・火吹き蟲、そして超絶奇術師・怪人ソリティア――「厄ネタ」と呼ばれる超常的な力をもつ犯罪者達と、それを追う新宿署第三資料編纂係、通称「三纂」の刑事。そして「四乃山ポルカ」の生い立ちと、その親族達。さらに、出会うハズのない元いた世界の滅びた帝国の面影にまで、ポルカは巻き込まれていく。
公式ホームページより引用:https://dmdp-anime.jp/

 

 

レビュー

 

レビュー
近年よく見かけるようになった逆転生系の作品。
異世界で死霊使い「屍神殿」として生きていた主人公が現代日本で殺し屋に命を狙われ死んでいた四乃山ポルカの身体に魂が転生した所から始まる物語。
ポルカは仲間を作り平穏な暮らしを求めますが、様々な困難が襲い掛かり思うような平穏な暮らしはなかなか訪れません。
ダークな逆転生系の作品を目指しているというのは理解できますが正直、登場キャラが多過ぎますし設定も複雑。気楽な気持ちでアニメを見たい私のような層には向かないと思います。
設定が複雑なのはまだ良いのですが複雑な割に薄っぺらい感じで進んで行くので出オチ感は否めませんし何を伝えたいのかも理解できませんでした。
大まかに分けるとポルカと仲間達、厄ネタ、新宿署第三資料編纂係の3視点で見る事が出来る作品ですがどこ視点で見るかでも評価は大きく変わってきそう。
ぶっ飛んだキャラが多いのも特徴ですが水瀬いのりさん演じる崎宮ミサキはなかなか面白いキャラで個人的には一番のお気に入り。
アクの強い作品なので好き嫌いはハッキリ分かれそうですね。

 

 

 

ジャンル・スタッフ・声優

 

ジャンル 転生・群像劇・ダークファンタジー
原作 原作:成田良悟・作画:藤本新太(ヤングガンガン/スクウェア・エニックス)
放送時期 2023年(分割2クール全24話)
制作 GEEKTOYS

 

成田良悟原作の漫画。

『ヤングガンガン』2017年21号から連載開始。

2022年11月時点で累計発行部数は55万部突破。

 

声優
榊原優希(四乃山ポルカ)、水瀬いのり(崎宮ミサキ)、内田雄馬(繰屋匠)、江口拓也(岩野目ツバキ)、岡本信彦(荒瀬耿三郎)、種﨑敦美(倉木リサ)、福圓美里(雷小幽)、山路和弘(四乃山呂算)、大地葉(四乃山小夜)、大久保瑠美(阿字城イズナ)、長谷川育美(一ノ瀬古瑠斗)、白石晴香(合川咲姫)、草尾毅(シャグルア)、チーク梁祥(レクリア)、高橋広樹(ソリティア)、佐倉綾音(胡蝶・エイトポート)、ニケライ ファラナーゼ(デスクロー佐谷)、興津和幸(裏井)、小林沙苗(山田文代)、蒼井翔太(レミングス/神薙涼馬)、小西克幸(四乃山 尊)、芹澤優(四乃山華月)、市川蒼(四乃山紫月)、田丸篤志(西明寺水琴)、豊口めぐみ(イーズリーズ・ソルドフレイル)、花澤香菜(四乃山希吏)、原紗友里(四乃山涼火)、岩崎征実(四乃山五郎)、相川奈都姫(暴)、島﨑信長(雑貨殿)、七海ひろき(細呂木)、田村睦心(フラムロディア・バャディラーズ)、稲田徹(鷹巣次郎太郎)、上田燿司(幅木秀秋)、高田憂希(幌島リンネ)、岩中睦樹(幌島ヒイロ)、吉野裕行(八津蘭丸)、宇垣秀成(戸沢弾正)、高森奈津美(ロメルカ・リメルカ)、大西沙織(カルラ・ウォン)、赤﨑千夏(阿牙倉マジリ)、八代拓(阿牙倉百矢)、細谷佳正(氷黒久遠)、村瀬歩(アリウス・サバラモンド/シヴィル・A・サバラモンド)、江頭宏哉(太貝)、弘松芹香(蓬)、土田玲央(西田)、高木美佑(阿牙倉夏南)、松本沙羅(阿牙倉ダリア)、岡咲美保(ルル)、ブリドカット セーラ恵美(アラハバキ)、松岡禎丞(虚銃座)、吉岡茉祐(萱草)、本田貴子(ルフ・ヴェルライズ)、伊瀬茉莉也(ウルドヴィジア)、小市眞琴(パロミー)、井上麻里奈(ラカベニア)、坂本真綾(聖女)

 

 

 

 

OPテーマ・EDテーマ

 

アーティスト名 楽曲名
1期1stオープニングテーマ  Sou  「ネロ」
1期1stエンディングテーマ  水瀬いのり  「アイオライト」
1期2ndオープニングテーマ  水瀬いのり  「スクラップアート」
1期2ndエンディングテーマ  内田雄馬  「Hope」

 

 

 

DVD・ブルーレイ

 

 

 

 

デッドマウント・デスプレイ 視聴可能な動画配信サービス

 

注*配信状況は2024年3月7日時点のものになります。変更になる場合もありますのでご自身でよくご確認下さい。 各配信サービスのロゴをタップ或いはクリックしていただくとサイトに飛べますのでご活用下さい。

     
     
     
     

 

 

 

デッドマウント・デスプレイ アニメ2期・アニメの続きは漫画の何巻から?

 

 

デッドマウント・デスプレイ アニメ2期

 

アニメ『デッドマウント・デスプレイ』2期については現段階では制作決定のアナウンスはありません。

アニメ1期は2023年春、秋の分割2クールで放送されました。

円盤売り上げは1巻が約200枚で爆死。しかし、近年は円盤売り上げが続編制作に与える影響は減ってきています。

 

重要な配信での人気ですが主要動画配信サイトではほぼ配信されていましたが人気は軒並み中位。

dアニメストアの気になる登録者数は約87000。(2024年3月7日時点)

人気作品は80000を超えているケースが多いので、十分な数字。

同サイトの年間ランキング(2023年3月1日から2024年3月1日)SF/ファンタジー部門で57位。(2024年3月7日時点)

配信開始年の数字でかなり有利な状況でのランキングになりますのでまずまずと言った所。

 

公式Xのフォロワー数は25000人。(2024年3月7日時点)

最低限30000人は欲しい部分なので物足りません。

 

 

原作の人気は累計発行部数55万部突破ですが人気があるとまでは言えないでしょう。

原作ストックは全く足りていません。

 

以上の事を踏まえると2期制作の可能性は30%くらいかなと予想しています。

仮に2期が制作されるとしても前述したようにストックが全く足りていない為、早くても2026年以降となる可能性が高いでしょう。

 

 

デッドマウント・デスプレイ アニメの続きは漫画の何巻から?

 

『デッドマウント・デスプレイ』原作漫画は2024年3月時点で最新刊が12巻となっています。

アニメ1期ではシヴィルとのバトルを終えた所までの内容が放送されました。

原作漫画だと10巻81話までの内容となりますので続きが気になる人は10巻から読まれる事をおすすめします。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました