本好きの下剋上【アニメ】作品情報・4期制作決定!・アニメの続きは小説・漫画の何巻?評価レビュー

異世界アニメ

 

 

本好きの下剋上PV・あらすじ

 

 

あらすじ
【第一部】目覚めると、そこは本のない異世界だった――活字中毒で本を偏愛する大学生・本須麗乃は、不慮の事故で命を落とす。それは、念願である図書館への就職が決まって すぐのことだった。気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。 マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。 兵士の娘では、とても手が届かない。どうしても本が読みたいマインは決意する。「本がなければ作ればいい」体力もない。お金もない。あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。 果たして、マインは本を作ることができるのか!?マインの本を作る冒険が、いま始まる。
【第二部】本のためなら巫女になる!「三度の飯より本が好き」な女子大生・本須麗乃が兵士の娘・マインとして転生した世界には、本がなかった。平民は識字率が低く、羊皮紙で作る本は高価でお貴族様のもの。そこでマインは決意する。「本がなければ作ればいい!」試行錯誤の末、商人のベンノと出会い、商人見習いになるために植物の紙を完成させるが、マインの体は「身食いの熱」に蝕まれていた。貴族が魔力を持つこの世界で、時に魔力を宿して生まれる平民がいる。それが「身食い」。増え続ける魔力を吸い取る魔術具がなければ、生き長らえることはできない。そんな時、洗礼式で神殿の図書室を発見したマインは、巫女見習いになりたいと神殿長に直談判する。すったもんだの末、マインは魔力を奉納する青色巫女見習となることが決まった。しかし、本来、貴族に与えられる「青の衣」を平民上がりのマインが纏うことを快く思っていない者も多く、マインの行く手は前途多難。問題児ばかりの側仕え、神殿の階級社会……。麗乃時代とも下町時代とも異なる神殿の常識がマインの前に立ちはだかる。果たして、マインが心ゆくまで読書できる日は来るのか!? そして、マインは本を作ることができるのか!?
公式ホームページより引用:https://booklove-anime.jp/

 

 

 

レビュー

 

レビュー
本好きな主人公が本に埋もれ死亡して貴族が支配する本が簡単に手に入らない異世界に虚弱な少女マインとして転生。
その異世界で自身の命を脅かす「身食い」と必死に闘いながら本を作る為に奮闘するファンタジー作品。
タイトルから成り上がり系を想像する人も多いかもしれませんが、前世の知識を活かしチートで本を作っていくという単純な物語ではありません。
「身食い」、「貧しい家庭」、「貴族と平民」、「神殿」、「魔術具」、「幼馴染」、「本作り」と全ての要素がバランス良く構成されていると感じました。
特に家族愛という部分は本作中でもかなり重要かつ丁寧に描かれています。マインの父であるギュンターがとてもカッコ良かった。
かなり長い話でテンポは良くありませんが個人的には徐々に面白くなっていき退屈する事無く完走。作画は良くありませんが本作にあまりそういう部分を求めていない私は気になりませんでしたね。
とても地味ですが設定や構成が上手く練られており感情が揺さぶられる場面が多々あります。テンプレ的な異世界転生作品に飽き飽きしている人には特におすすめ。

 

 

ジャンル・スタッフ・声優

 

ジャンル 異世界転生
原作 香月美夜(TOブックス)
放送時期 1期2019年(全14話)・2期2020年(全12話)・3期2022年(全10話)
制作 亜細亜堂

 

香月美夜原作の小説。略称は『本好き』。

「小説家になろう」にて2013年9月から2017年3月まで連載され完結。

書籍版は「TOブックス」より2015年1月から2023年12月まで刊行。

「このライトノベルがすごい!」で殿堂入りを果たしています。

また、コミカライズも行われており、シリーズ累計発行部数は2023年12月時点で1000万部の人気作品。

 

声優
井口裕香(マイン)、速水奨(フェルディナンド)、田村睦心(ルッツ)、中島愛(トゥーリ)、小山剛志(ギュンター)、折笠富美子(エーファ)、日野聡(オットー)、前野智昭(マルク)、内田彩(フリーダ)、三瓶由布子(ギル)、狩野翔(フラン)、都丸ちよ(デリア)、鈴木みのり(ロジーナ)、安野希世乃(ヴィルマ)

 

 

 

OPテーマ・EDテーマ

 

アーティスト名 楽曲名
1期オープニングテーマ 諸星すみれ 「真っ白」
1期エンディングテーマ 中島愛 「髪飾りの天使」
2期オープニングテーマ 諸星すみれ  「つむじかぜ」
2期エンディングテーマ 鈴木みのり  「エフェメラをあつめて」
3期オープニングテーマ 東山奈央 「あの日のことば」
3期エンディングテーマ 坂本真綾 「言葉にできない」

 

 

 

DVD・ブルーレイ

 

 

 

 

 

本好きの下剋上 視聴可能な動画配信サービス

 

注*配信状況は2024年2月17日時点のものになります。変更になる場合もありますのでご自身でよくご確認下さい。 各配信サービスのロゴをタップ或いはクリックしていただくとサイトに飛べますのでご活用下さい。

×
×
×

 

 

 

関連情報・アニメ4期・アニメの続きは小説・漫画の何巻から?

 

 

本好きの下剋上 アニメ4期

 

アニメ『本好きの下剋上』4期については既に制作する事が決定しています。

個人的にはメチャクチャ嬉しい。

発表時期からして4期は2025年になりそうな予感。

 

 

 

円盤売り上げは1期~3期全て1000枚以下。

これまで2期、3期と続き4期制作が決定しているので、近年は円盤売り上げが続編制作に与える影響は減ってきている事が理解できると思います。しかし、集計されていないTOブックスオンラインで販売されたBlu-ray BOXが売れたという噂も。

 

配信での人気に関してですがdアニメストアの気になる登録者数は1期2期が98000。(2024年2月17日時点)

3期が59000。(2024年2月17日時点)

人気作品は概ね80000は超えているのでまずまずな数字ですね。

 

同サイトの全期間ランキング(2012年7月1日から2024年1月)SF/ファンタジー部門では178位。(2024年2月17日時点)

これもまずまず。

 

公式Xのフォロワー数は52000人。(2024年2月17日時点)

最低限30000人は欲しい部分ですがこの数字であれば十分だと思います。

 

 

一般的に考えると配信での人気、円盤売り上げからは続編制作にあたり強調できる部分は多くはありませんが、原作のシリーズ累計発行部数が大きく伸びています。

元々、人気作品ではありますが2022年3月時点で600万部という数字から2023年12月時点では1000万部到達となり配信により原作の売り上げに大きな影響を与えた可能性は否定できません。

 

4期は公式Xで発表があったように「第三部 領主の養女」がアニメ化されます。

個人的にはどうでもよい部分だったのですが作画について色々と言われた本作。

4期は今までアニメーション制作をしていた亜細亜堂から、WIT STUDIOに変更となっていますね。

 

 

本好きの下剋上 アニメの続きは小説・漫画の何巻から?

 

『本好きの下剋上』原作小説は5部12巻(全33巻)で完結。

アニメ3期では小説の7巻まで放送されましたので続きが気になる人は8巻から読まれる事をおすすめします。同時にアニメ4期も小説8巻「領主の養女」から放送されると発表されています。

アニメ化まで待てないという人は小説をお読みになってください。

 

 

 

漫画版は2024年2月時点で最新刊が4部7巻となっており、アニメ3期では2部の最終巻までの内容が放送されましたので続きが気になる人は3部1巻からという事になります。

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました