鈴木優花の経歴を公開 大学No,1ランナー!!将来はマラソンでの活躍を期待!!

陸上

 

今回、PICKUPするのは陸上長距離の鈴木優花選手。

大学長距離界No,1と言われる鈴木選手の経歴など詳しく紹介していくのでお付き合い頂ければ幸いだ。

 

鈴木優花 プロフィール

 

名前 鈴木優花(すずきゆうか)
生年月日 1999年9月14日 20歳 2019年10月現在
血液型 不明
出身地 秋田県
出身校 大曲高等学校
所属 大東文化大学
身長・体重 不明

 

鈴木優花選手は秋田県で生まれ、中学時代はバスケットボール部に所属していた。

バスケットボール部所属ながらも陸上の大会に出場し東北大会まで進出するなど才能の片鱗をみせていたようだ。

自分が陸上競技でどれくらいやれるのか試してみたいという気持ちになり、県内の大曲高校に進学し陸上部に入部した。

インターハイ3000mで決勝に進出するなど、それなりの成績は残したが高校トップレベルには少し足りない選手だったように思う。

高校卒業後は女子陸上長距離の名門、大東文化大学に進学。

ここから、鈴木選手の快進撃が始まる。

 

パーソナルベスト

 

2019年10月現在

5000m 15.37.71
10000m 32.37.54
ハーフマラソン 1:11.27

 

大学で才能が開花

 

鈴木選手が注目されるようになったのは大学に進学して間もない2018年5月に行われた【関東学生対抗選手権】

5000mに出場し自己ベストを大幅に上回る16分13秒29というタイムを叩き出して2位になった。

【日本学生個人選手権】では更に自己ベストを更新し15.46.84で優勝を果たしている。

そして、強烈なインパクトを与えたのは同年の【全国大学女子駅伝】

鈴木選手は2区(5.6km)に起用された。1区の選手が出遅れ13位の位置で襷を受け取るが、前半から突っ込み、前を走るランナーをごぼう抜き。残り1km地点では先頭に立ち後続に15秒もの差を付け襷を渡し区間賞を獲得。

その時の映像がこちらだ。

 

同年の【富士山女子駅伝】では厳しい登りがるアンカー区間に起用され、名城大学の高松智美ムセンビ選手を抑え区間賞を獲得した。

その後も勢いは続き、今年3月の【日本学生女子ハーフマラソン】で優勝しユニバーシアード出場権を獲得。

8月のユニバーシアードでも積極的な走りで見事、金メダルを獲得している。

 

走りの特徴・将来の目標

 

鈴木選手が尊敬しているのがNIKE TTC新谷仁美選手

周りのペースに崩されず自分のペースで淡々とレースを進めていく姿に憧れを抱いているとのこと。

新谷選手に憧れているからなのか元々、このような走りなのかは分からないが鈴木選手も周りのペースに惑わされず前半から積極的に突っ込んでいく走りが特徴となっている。

トラックでも大学トップクラスの力を持っているがやはり、ロードでの強さが際立つ。

ロードでは距離、コース形態に関係なく他の選手を圧倒。

自分から押していける選手なので怪我などなければ更に強くなっていくであろう。

 

ハーフマラソン2戦2勝という数字が物語る通り、スタミナも持ち合わせているので将来的にはマラソンでの活躍を期待したくなる選手だ。鈴木選手自身も2024年のパリオリンピックのマラソン代表になって金メダルを獲得する事を目標としているので応援したい。

大学3年生でフルマラソンにチャレンジするプランが持ち上がっているが、無理せず自分の身体がシッカリ出来上がったと感じてから挑戦してもらいたい。

これだけの才能を持っている選手なので若いうちから無理をする事はないと個人的には思っている。

関連記事

和田有菜の経歴・走りの特徴・将来が楽しみな女子大生ランナー!!
今回、PICKUPするのは陸上長距離の和田有菜選手。高校時代から世代トップクラスの実力を持っていたが大学に進学後も素晴らしい活躍をしている。そんな、和田選手の経歴など詳しくご紹介するので、お付き合い頂きたい。...
田中希美 世界陸上5000mで決勝進出!!東京五輪参加標準記録も突破!!
2019年10月3日、【世界陸上ドーハ大会】女子5000m/1組目に登場した田中希美選手が15分4秒66のタイムで6位に入り、タイムでの決勝進出を決めた。ロンドンで開催された前回大会の女子5000mには鈴木亜由子選手、鍋島莉...
error: Content is protected !!