前田穂南 30km日本新記録樹立!!東京五輪に向けて視界良好!!

陸上

 

東京五輪女子マラソン日本代表の前田穂南選手(天満屋)が2020年2月16日に開催された青梅マラソン(30km)に出場し1時間38分35秒の日本新記録で優勝を果たした。

 

従来の日本記録は2005年ベルリンマラソンに出場した野口みずきさんの30km通過タイム1時間38分49秒。

野口みずきさんは2004年の青梅マラソンで1時間39分09秒という大会記録を作ったが前田穂南選手はこの大会記録も大幅に更新した。

青梅マラソンのコースはアップダウンの激しいコースだが、この舞台で日本記録を更新した事は非常に価値がある。

 

前田穂南選手はこの大会前から野口みずきさんの持つ大会記録更新を目標に掲げていたが見事に達成。

普通であればレース3週間前からテーパリングを行いコンディションを合わせていくが今回はテーパリングをせず大会に臨んだようだ。

現在は持ち前のスタミナだけでなく高い強度のスピード練習を取り入れており、練習の成果を試す大会という位置づけであったと思うが最高の形で答えを出した。

 

MGCで優勝し大きな期待を背負うが女子マラソンのエースとして堂々と東京五輪本番を迎えれそうだ。

ちなみ前田穂南は今話題のNIKEの厚底シューズ【ヴェイパーフライネクスト%】を履いていない。

日本人の女子選手としてはかなり長いストライドという事もあり厚底シューズの恩恵を多く得られそうな気がするので履いて走っている姿を見てみたいが、所属する企業や本人の考えもある事なので実現する可能性は少なそうだ。

ただ、強い選手はどんなシューズであろうが強いという事を前田穂南選手は証明して見せた。

 

関連記事

佐藤早也伽は可愛くて強い長距離選手!!マラソン挑戦が楽しみ♪
今回、PICKUPするのは陸上長距離の佐藤早也伽選手。各実業団で若い選手の活躍が目立ってきたが、この佐藤選手も入社3年目。伸び盛りで昨年、後半辺りからメキメキと力を付けてきいる。そんな、佐藤選手の経歴含め詳し...
error: Content is protected !!