2019出雲駅伝優勝予想と展望!!台風の影響は!?区間エントリー発表!!

陸上

 

2019年10月14日(月・祝)に開催される出雲駅伝。

エントリー発表も済んだので普段、駅伝をあまり見ない方にも分かるように優勝争いなどについて書いていこうと思う。

出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝の3つが学生の【三大駅伝】と呼ばれており開幕の出雲駅伝は6区間45.1kmと短くスピード駅伝大学No,1決定戦と呼ばれている。

それ故、箱根駅伝のような1区間20kmを超える距離には対応出来なくてもスピードが持ち味の選手が出場する事も多い。

まずは出場チームを見ていこう。

 

2019出雲駅伝 出場チーム

 

No チーム名 地区 出場回数
1 北海道学連選抜 北海道 30回
2 東北学連選抜 東北 31回
3 東海大学 関東 21回
4 青山学院大学 関東 10回
5 東洋大学 関東 20回
6 駒澤大学 関東 26回
7 帝京大学 関東 9回
8 法政大学 関東 14回
9 國學院大學 関東 3回
10 順天堂大学 関東 23回
11 拓殖大学 関東 5回
12 中央学院大学 関東 10回
13 北信越学連選抜 北信越 31回
14 皇學館大学 東海 2回
15 愛知工業大学 東海 11回
16 立命館大学 関西 17回
17 関西学院大学 関西 7回
18 京都産業大学 関西 27回
19 広島経済大学 中国四国 18回
20 第一工業大学 九州 23回
21 IVY —– 22回

以上21チーム。

自身の出身校を応援するのも良し、地元の大学や学連選抜を応援するのも良しだが、何となく見ているよりも応援するチームを決めておいた方が楽しく見れると思うので、気になるチームがあれば大会前にでもチェックしておくとよいだろう。

優勝争いはやはり高校の有力選手が多数、進学する関東の大学が中心となる。

今年度は混戦模様で6大学くらいにチャンスがあるのではないかと予想している。

有力校をチェックしていこう。

 

2019出雲駅伝 有力校のエントリーと展望

 

 

青山学院大学

 

選手名 学年 出身校
生方敦也(うぶかたあつや) 4年 佐野日大(栃木)
鈴木塁人(すずきたかと) 4年 流経大柏(千葉)
竹石尚人(たけいしなおと) 4年 鶴崎工業(大分)
中村友哉(なかむらともや) 4年 大阪桐蔭(大阪)
神林勇太(かんばやしゆうた) 3年 九州学院(熊本)
吉田圭太(よしだけいた) 3年 世羅(広島)
飯田貴之(いいだたかゆき) 2年 八千代松陰(千葉)
湯原慶吾(ゆはらけいご) 2年 水戸工業(茨城)
大澤佑介(おおさわゆうすけ) 1年 樹徳(群馬)
岸本大紀(きしもとひろのり) 1年 三条(新潟)

 

近年、大学駅伝で最も良い成績を収めている青山学院大学。

駅伝ファンでなくとも青山学院大学が強いというのはご存知だろう。

しかし、優勝候補の一角ではあるが今年は他校を圧倒できるようなメンバー構成ではない。

優勝候補の中でも4.5番手の位置付けと見ている。

それでも、大学駅伝で何度も優勝を経験しているので、きちんとピークを合わせてくる力は他校よりも上。全員が良い状態で出場できれば優勝の可能性も僅かながらあるだろう。

ポイントはエースに成長した吉田圭太選手をどの区間に起用するか。

三大駅伝全てで区間賞。全日本インカレでは日本人1位。今年の箱根駅伝で5区区間賞の國學院大學、浦野雄平選手を千切っている点からも大学トップクラスの力があるのは間違いない。

吉田選手を3区に起用できるのであれば楽しみな戦いになると思うが、出遅れ=終戦となる出雲駅伝で吉田選手が1区に起用するようならば、他に頼りになる選手がいないという判断を原監督がした事になる。即ち、選手層が薄いという事だ。

区間発表の時には吉田選手がどこに起用されるのか注目してみたい。

 

 

東洋大学

 

選手名 学年 出身校
相澤晃(あいざわあきら) 4年 学法石川(福島)
今西駿介(いまにしゅんすけ) 4年 小林(宮崎)
定方駿(さだかたしゅん) 4年 川棚(長崎)
渡邉奏太(わたなべそうた) 4年 吉原工業(静岡)
大澤駿(おおさわしゅん) 3年 山形中央(山形)
西山和弥(にしやまかずや) 3年 農大二(群馬)
蝦夷森章太(えぞもりしょうた) 2年 愛知(愛知)
鈴木宗孝(すずきむねたか) 2年 氷取沢(神奈川)
宮下隼人(みやしたはやと) 2年 富士河口湖(山梨)
児玉悠輔(こだまゆうすけ) 1年 東北(宮城)

 

長い距離には自信を持っている東洋大学。

出雲駅伝は苦手にしている印象があるが、それでも昨年は2位。

元々、トラックで記録を狙うより長い距離の練習を積んで全日本大学駅伝、箱根駅伝にピークを合わせてくる大学だ。

学生No,1の相澤晃選手を筆頭にレベルの高い選手が集まっているが今月に行われた日体大記録会に出場した選手が軒並み低調な記録に終わったのが気掛かりだ。

本気で記録を狙いにいったのか調整目的での出場かは定かではないが出雲駅伝に向けてポジティブな結果とは言えないだろう。

青山学院大学と同様、優勝候補の一角ではあるが本命に推すのは難しい。

 

 

東海大学

 

選手名 学年 出身校
鬼塚翔太(おにづかしょうた) 4年 大牟田(福岡)
郡司陽大(ぐんじあきひろ) 4年 那須拓陽(栃木)
小松陽平(こまつようへい) 4年 東海大四(北海道)
阪口竜平(さかぐちりょうへい) 4年 洛南(京都)
關颯人(せきはやと) 4年 佐久長聖(長野)
西川雄一郎(にしかわゆういちろう) 4年 須磨学園(兵庫)
塩澤稀夕(しおざわきせき) 3年 伊賀白鳳(三重)
西田壮志(にしだたけし) 3年 九州学院(熊本)
市村明樹(いちむらともき) 2年 埼玉栄(埼玉)
本間敬大(ほんまけいた) 2年 佐久長聖(長野)

 

黄金世代が最終学年となり戦力充実の東海大学。

今年の箱根駅伝で悲願の初優勝を成し遂げ、今季は三大駅伝完全制覇を目標に掲げている。

元々、スピードタイプの選手が多く、出雲は得意にしている。

優勝候補の本命だが不安点が無い訳でもない。

2区のスペシャリストである舘澤選手が怪我の影響でエントリー漏れ、その舘澤選手の代わりを務めるのではないかと思われていた飯澤選手もエントリーから外している。

長く故障で苦しんでいた名取選手も先日の札幌ハーフ出場の為(大会記録で優勝)、出雲駅伝はエントリーされていない。

東海大学も区間配置が鍵を握りそうだ。

1区候補は数多くいるが鬼塚選手が出場しなのでは?という予想も多い。本人は今季、三大駅伝の全てで区間賞獲得を目標にしていて怪我もないようだが果たし走るのか否か?

鬼塚選手抜きで考えると1区は西川選手か塩澤選手になるのではないだろうか?

出雲1区で区間賞を獲得した事のある阪口選手だが阪口選手を1区に持ってくるようだと、どうしても3区が弱くなる。選手層は厚いがエース格は他校より劣るのでできるだけ力のある選手を3区に配置したい。

アンカーは長い距離に自信を持ち最近はスピードにも磨きがかかっている西田選手が有力だろう。

 

 

國學院大學

 

選手名 学年 出身校
青木祐人(あおきゆうと) 4年 愛知(愛知)
浦野雄平(うらのゆうへい) 4年 富山商業(富山)
土方英和(ひじかたひでかず) 4年 埼玉栄(埼玉)
茂原大吾(もはらだいご) 4年 県立高崎(群馬)
河東寛大(かわひがしかんだい) 3年 樟南(鹿児島)
森秀翔(もりしゅうと) 3年 八千代松陰(千葉)
藤木宏太(ふじきこうた) 2年 北海道栄(北海道)
川崎康生(かわさきこうせい) 1年 浜松工業(静岡)
中西大翔(なかにしたいが) 1年 金沢龍谷(石川)
中西唯翔(なかにしゆいと) 1年 金沢龍谷(石川)

 

非常に失礼な言い方になるが三大駅伝で國學院大學を本命候補に挙げる時がくるとは全く想像していなかった。

エース格に関しては浦野選手、青木選手、土方選手と10000m、28分台が揃っており他大学よりも上。浦野選手、土方選手にいたってはハーフマラソン1時間2分前半の記録を持っている。

コンディションに問題が無ければそれぞれ主要区間に配置されるだろう。

この他の選手は他大学よりも劣るが2年の藤木選手は1年次の箱根駅伝1区で10位に入るなど非常に強く、将来が有望な選手だ。

島崎選手がいないのがマイナス要素ではあるが繋ぎ区間次第では優勝争いに加わってくると予想する。

三大駅伝全てで3位以内を目標にしているようなので是非、出雲駅伝から良い走りを見せてもらいたい。

 

 

駒澤大学

 

選手名 学年 出身校
中村大成(なかむらたいせい) 4年 東北(宮城)
中村大聖(なかむらたいせい) 4年 埼玉栄(埼玉)
山下一鷹(やましたいちたか) 4年 瓊浦(長崎)
伊東颯汰(いとうそうた) 3年 大分東明(大分)
加藤淳(かとうあつし) 3年 西脇工業(兵庫)
神戸駿介(かんべしゅんすけ) 3年 松が谷(東京)
小林歩(こばやしあゆむ) 3年 関大北陽(大阪)
石川拓慎(いしかわたくま) 2年 拓大紅陵(千葉)
田澤廉(たざわれん) 1年 青森山田(青森)
酒井亮太(さかいりょうた) 1年 西脇工業(兵庫)

 

近年、存在感を無くしていた駒澤大学だが昨年の箱根駅伝予選会辺りから徐々に復活の兆しを見せている。

特に山下選手と中村大聖選手はトラック、ロード共に安定感があり計算できる選手だ。

飛び抜けた選手はいないが高いレベルでまとまっているチームといった印象。

その中でエースクラスになれる可能性があるのがスーパールーキーの田澤廉選手

9月の日体大記録会5000mで13分41秒82の自己ベスト叩き出した。因みに、この記録はU-20日本歴代10位の好記録だ。

全国高校駅伝を見る限りでは、どちらかというとロードよりトラック寄りの選手に映ったが出雲駅伝ではスピードを活かし駅伝ファンを驚かせるような走りを期待したい。

チームとしては優勝の可能性もあるが3番手辺りの評価が妥当なような気がする。

 

帝京大学

 

選手名 学年 出身校
岩佐壱誠(いわさいっせい) 4年 徳島科学技術(徳島)
小森稜太(こもりりょうた) 4年 いなべ総合(三重)
平田幸四郎(ひらたこうしろう) 4年 久御山(京都)
小野寺悠(おのでらはるか) 3年 加藤学園(静岡)
谷村龍生(たにむらりょう) 3年 西京(山口)
遠藤大地(えんどうだいち) 2年 古川工業(宮城)
中村風馬(なかむらふうま) 2年 草津東(滋賀)
橋本尚斗(はしもとなおと) 2年 鳴門(徳島)
三原魁人(みはらかいと) 2年 洛南(京都)
新井大貴(あらいひろき) 1年 前橋育英(群馬)

 

ここにきて評価を上げてきているのが帝京大学。

中野監督の育成力には定評があり、長い距離を確実に走れる選手が多い事から箱根駅伝では上位評価される事も多かった。

しかし、今年は長い距離だけでなくスピードにも磨きをかけているようだ。

今月に行われた日体大記録会の5000mでは6人の選手が13分台を記録。5000m、13分台は学生トップクラスの仲間入りを果たしたとも言える記録なのだ。

理由は定かではないがスピードが持ち味の島貫選手がエントリーされていないのはマイナス要素。それでも、穴の少ない布陣で臨めそうではある。

ずば抜けたエース格がいないので区間配置が非常に大事になりそうだが正直、どのような区間配置になるか見当も付かない。

個人的には遠藤選手をエース区間の3区に起用して欲しい。

大事な1区は平田選手か小野寺選手あたりか?

中野監督がどのような布陣を組むか区間発表を楽しみに待ちたい。

 

 

台風の影響は?

 

かなり勢力の強い台風19号の影響が心配されているが、現時点では出雲方面には来ない模様。

5年前は台風の影響で中止となった出雲駅伝だが島根県は比較的、災害の被害にあいにくく台風の大きな影響を受けたのも平成3年の台風19号まで遡るとのこと。

出雲方面に進路をとっていないので開催には影響は無さそうだが選手、関係者が出雲に行く際の移動に影響があるかもしれない。

駅伝開催について書いているが、東海地方や関東地方に大きな被害が出ない事を祈るばかりだ。

 

 

順位予想・放送予定

 

区間発表は13日の夕方頃なので予想は難しいが

【本命】東海大学

【対抗】國學院大學

次点で駒澤大学と予想。國學院大學に頑張ってもらいたいという多少の願望は入っているが決して無茶な予想ではないと個人的には思っている。

順位も大切だが各大学が実力を発揮し良い駅伝になる事が何より望ましい。

 

フジテレビ系列にて全国放送。

10月14日(日・祝)13:00~15:25

 

区間エントリー

 

青山学院大学 東洋大学 東海大学 國學院大學 駒澤大学 帝京大学
1区 湯原慶吾 西山和弥 西川雄一朗 藤木宏太 山下一貴 平田幸四郎
2区 岸本大紀 大澤駿 阪口竜平 中西大翔 伊東颯汰 遠藤大地
3区 田圭太 相澤晃 塩澤稀夕 浦野雄平 田澤廉 小森稜太
4区 神林勇太 宮下隼人 市村朋樹 青木祐人 小林歩 谷村龍生
5区 竹石尚人 今西駿介 鬼塚翔太 茂原大悟 中村大成 小野寺悠
6区 中村友哉 定方駿 西田壮志 土方英和 中村大聖 中村風馬

上の表は10月13日に発表された区間エントリー。

まず、気になったのは優勝候補に挙げさせてもらった東海大学。

エースの阪口選手を2区に配置しエース区間の3区に塩澤選手を持ってきたのには少々、驚いた。

前年まで2区を任されていた舘澤選手は単に速く走れる選手というだけでなく流れを変える重要な選手であった。2区の重要性を考え阪口選手を配置したのか、阪口選手がギリギリまで3000障害で世界陸上の参加標準タイムを狙いにいっていたので短めの2区に配置したのかで、かなり評価が変わってくる。

層は厚いが全体的に出雲駅伝に全力投球してきた印象は薄いので評価を少し下げたい。

ただし、塩澤選手なら3区で結果を出してくれるだろうという信頼のもと配置したのであれば少し期待感は増す。

上記6大学の中で一番、予想通りで万全に感じたのは國學院大學だ。本当に優勝まであるような気がしてきた。

5区の時点で先頭争いをしていれば優勝の可能性は高いであろう。1区の藤木選手の走りが鍵を握る。

駒澤大学は注目のスーパールーキー田澤廉選手をエース区間の3区に配置。

他の区間に安定した上級生を配置しているので田澤選手が他大学のエース級と互角に渡り合えれば優勝の可能性もありそうだ。

東洋大学は得意の先行逃げ切りを意識した布陣。4区に襷を渡した時に30秒のリードがあれば面白い。

青山学院大学は1.2.6区が三大駅伝デビューとあって未知数。

ハマれば優勝まであるかもしれないが優勝候補に挙げるにはワンパンチ足りない印象だ。1区の湯原選手が快走し好位置でレースを進めたい。

帝京大学も東海大学と同じく2区と3区の配置は意外だった。

良いメンバーが揃っていて穴は少ないが勝ち切るまでの力はまだなさそうな印象。出雲より距離の長い全日本大学駅伝や箱根駅伝でより実力を発揮しそうだ。

最終予想は東海大学と國學院大學が並んで優勝候補。

3番手が駒澤大学。

4番手が東洋大学。

5番手が青山学院。

出雲駅伝の結果はこちらから

関連記事

全日本大学駅伝2019区間エントリー・予想・結果
2019年11月3日(日)に開催される第51回全日本大学駅伝。今年は出雲駅伝で優勝した國學院大學や上位に入った大学を中心に大混戦が予想される。コースはスタートの熱田神宮西門前からゴールの伊勢神宮内宮宇治橋前の総距離1...
美人&可愛い女性アスリート17名をPICKUP!!【2019最新版】
一昔前とは比べものにならないほど世界的に女性が参加できる競技が増え、女性アスリートの数も飛躍的に増えてきているのをご存知だろうか?これは日本でも例外ではなくオリンピックなどの世界大会で男性アスリートに負けないほど女性アスリー...
error: Content is protected !!