遠藤純 W杯代表メンバーに選出!スピードとテクニックを併せ持つ大器に期待!

サッカー

 

今回PICKUPするのは女子サッカーなでしこリーグ【日テレ・ベレーザ】に所属する遠藤純選手

Under世代の時から注目され6月7日に開幕する【W杯フランス大会】の日本代表に最年少で選出された。

そんな遠藤選手の経歴やプレースタイルなど詳しくご紹介していくので、お付き合いください。

 

遠藤純 プロフィール

 

名前 遠藤純(えんどうじゅん)
生年月日 2000年5月24日 19歳 2019年5月現在
血液型 B型
出身 福島県白河市
大学 早稲田大学スポーツ科学部在学中
所属 日テレ・ベレーザ
身長・体重 167cm・55kg

 

小学校3年生の時に父親が代表を務めるスポーツクラブ 【Vamos福島】の下部組織であるホワイトリバーフットボールクラブ でサッカーを始めた遠藤純選手。

その後、JFAアカデミー福島セレクションに合格した事により同校へ入学。同時に静岡県にある御殿場市立富士岡中学校に入学した。(2011年3月11日の東日本大震災により起きた福島第一原発の事故により福島県内での活動が不可能になり、2011年4月からは静岡県に一時移転し女子は静岡県裾野市にある帝人アカデミー富士の一部を寮として利用している)

当時、中学生だった遠藤選手の映像をTVで見た事があるが他の選手と比べ明らかにレベルが高く、スピード、テクニックどれを取っても中学生とは思えないものだった。

中学3年生になるとU-16女子日本代表に選出され同年の【AFC U-16女子選手権】に出場。

中学卒業後は静岡県立三島長陵高等学校へ進学し高校1年で【U-17女子W杯】に出場。2得点を挙げるなど日本の準優勝に大きく貢献した。

その後も17歳の時(高校2年)に飛び級でU-19日本代表に選出され【AFC U-19女子選手権】出場。翌年にはなでしこリーグ特別指定選手としてなでしこリーグの日テレ・ベレーザに登録された。

 

U-20サッカー女子W杯で初優勝

 

ここまで常に一つ上の世代に飛び級で選出されてきた遠藤選手だが2018年の【FIFA U-20女子ワールドカップ・フランス大会】にも最年少の18歳で選出され2得点5アシストを記録するなど躍動し日本の初優勝に大きく貢献した。

この大会での遠藤選手の活躍は素晴らしく得意の左サイドで大きな存在感を発揮した。とても最年少とは思えない落ち着いたプレーを披露し、将来なでしこJAPANに入り中心選手として活躍するだろうと個人的に感じた大会だった。

背番号20を付けているのが遠藤選手。動画を埋め込んでおくのでよく見てもらいたい。

 

高校を卒業した遠藤選手は特別指定選手として登録されていた日テレ・ベレーザに入団。

開幕戦のジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦でゴールを挙げるなど活躍中。5月27日時点で4得点を挙げているものの、なでしこJAPAN以上にスタメン争いが激しいチームとあって途中交代での出場が多くなっている。

 

プレースタイル

 

スピードとテクニックを持ち合わせ左サイドからのクロスは精度が高く、中央に切り込んでのシュートもあるのでDFにとっては厄介な選手。

利き足は左だが左右両脚を器用に使いこなせるのでプレーの選択肢が多くなるのだろう。

試合を見ているとアタッカーとして仕掛ける事に拘りを持っているように見える。

 

W杯フランス大会の代表メンバーに選出

 

2019年6月7日に開幕する【サッカー女子W杯フランス大会】の日本代表メンバーの発表が5月10日にあり、遠藤選手は最年少で代表に選出された。

代表に選出されたFW一覧。(遠藤選手を除く)

名前 背番号 生年月日 所属
岩渕真奈 8 1993年3月18 26歳 INAC神戸レオネッサ
菅澤優衣香 9 1990年10月5日 28歳 浦和レッズレディース
小林里歌子 11 1997年7月21日 21歳 日テレ・ベレーザ
植木理子 13 1999年7月30日 19歳 日テレ・ベレーザ
宝田沙織 13 1999年12月27日 19歳 セレッソ大阪堺レディース
横山久美 20 1993年8月13日 25歳 AC長野パルセイロ・レディース

追記:植木理子選手が怪我の為、宝田沙織選手に変更。

 

なでしこJAPAN全体が大きく若返り、FWのメンバーも中堅と若手で構成された。

それぞれが違った個性を持っており誰がスタメンに名を連ねてもおかしくはない。逆に言えば現状は絶対的エースは不在とも言える。

しかし、所属クラブでも途中出場が多い遠藤選手は代表でも同じような起用をされるだろう。前述の通りスピードとテクニックを持ち合わせている遠藤選手を後半から起用すれば相手チームも嫌だと感じるだろうし、膠着状態続く試合や劣勢の展開であれば一気に流れを変えてくれそうな期待感がある。

昨年、なでしこJAPANに初選出されてから限られた出場機会で着実に結果を残している。本番に強いという印象もあり大会期間中にも大きく伸びる可能性を秘めているのも魅力的だ。

 

愛用スパイク

 

遠藤選手が使用しているスパイクは2019年5月時点で【adidas NEMEZIZ 18.1】だと思われる。
アジリティを追求したスパイクという事で遠藤選手にはピッタリなのだろう。リオネル・メッシ選手も愛用しているそうだ。

 

Twitter

 

W杯フランス大会の代表メンバーに選出され活躍が期待されている。この大会でシッカリと結果を残す事はとても重要だが今後の女子サッカーを引っ張っていく存在と思うのでプレッシャーに押し潰される事無くプレーし大きく育ってもらいたいというのが本音だ。

遠藤選手ならきっと、そういう存在になれるだろう。

Twitter:@jun_bangking524

関連記事

なでしこJAPAN東京オリンピックに向けカナダとの国際親善試合に臨む
今年の6月~7月に開催されたサッカー女子W杯で惨敗した女子日本代表なでしこJAPANだが、10月6日に強豪カナダとの親善試合に臨む。東京オリンピックまで残り1年を切り、相当なレベルアップをしないとメダルという目標には届かない...
中島依美の経歴は?なでしこJAPANの中心選手としてW杯での活躍に期待!
今回PICKUPするのはINAC神戸レオネッサ所属の中島依美選手。女子サッカー選手の中ではどちらかというと寡黙な印象にあり目立つタイプではないが代表歴も長く現在のなでしこJAPANの中心選手へと成長した。2019年6...
error: Content is protected !!